ブルンジ共和国


ブルンジブルンジ共和国 BURUNDI
年平均気温18度という過ごしやすさ

アフリカ中部、タンガニーカ湖北東岸の共和国。国土は北海道の三分の一にすぎないが、人口密度はアフリカではもっとも高い国の一つ。赤道に近い同国ではあるが、国全体が海抜1,000m以上にあり過ごしやすい環境。1885年にそれまでの王国がドイツ領となり、第一次大戦後は、ベルギー信託統治領となった。その後1962年に王国として独立したが、植民地時代につくられた「民族」区分(ツチ族[Tutsi]と多数派のフツ族[Hutu])を政治権力獲得に利用した政治抗争が続いてきた。1966年には、クーデターにより共和制が成立したが、民族抗争はさらに激化。74年に新憲法が制定され鎮静化に向かった。しかし、1993年6月の民主的な総選挙で軍部出身のブヨヤ大統領が敗れ、初めてのフツ出身大統領であるンダダイェが就任すると、軍部が10月にクーデタを起こして大統領を暗殺、以後、軍部、民主化勢力、反政府武装勢力が入り乱れた内戦状態が続いた。2005年の民主的総選挙で、フツ族であるFDDの指導者ンクルンジザが大統領に就任。ンダダイェからンダイゼイエまでの大統領を出した政党ブルンジ民主戦線FRODEBUもフツが主流で、FDDとFRODEBUは対立関係にある。2006年9月、政府と反乱軍との間に休戦の同意が持たれている。主要産物はコーヒー。

国土:27,830sq km
人口:8,090,068 人(CIA The World Factbook 2006年)アフリカ第30位(世界第93位)
首都:ブジュンブラ Bujumbura(235,440)
最高地点:Northeast of Bujumbura (2,700)
公用語:Kirundi語、フランス語
主要宗教:キリスト教、伝統宗教
通貨:ブルンジ・フラン (Burundi franc)
主な輸出品:コーヒー、紅茶
政体:共和制
元首:ピエール・ンクルンジザ大統領
議会:二院制 (国民議会、上院)
一人当たり国民総所得: US 100ドル(世界銀行2005年)

略史


17世紀頃

王国成立

1889年

ドイツ保護領

1922年

ベルギー委任統治

1946年

ベルギー信託統治

1962年7月

ベルギーよりブルンジ王国として独立

1966年

ミコロンベ首相によるクーデター、王政廃止

1976年

バガサ大佐による無血クーデター

1984年

大統領選挙(バガサ選出)

1987年9月

無血クーデターによりバガザ大統領失脚、ブヨヤ大佐が国民救済軍事委員会樹立

1992年3月

複数政党制を含む新憲法採択

1993年6月

複数政党制下初の大統領選挙(ンダダイエ大統領選出)

1993年10月

ンダダイエ大統領暗殺

1994年1月

国民議会は新大統領としてヌタリャミラを選出

1994年4月

ヌタリャミラ大統領事故死

1994年10月

ヌティバントゥンガニャ大統領選出

1996年7月

軍部クーデターによりブヨヤ元大統領が大統領代行に就任

1998年

ブヨヤ暫定大統領就任

2000年8月

アルーシャ和平合意

2001年11月

暫定政府の成立(ブヨヤ前期大統領就任)

2003年5月

ヌダイゼイエ暫定政権後期大統領就任

2003年11月

暫定政府と反政府勢力FDD間の和平合意署名

2005年2月

新憲法を国民投票により採択

2005年7月

上下院選挙実施

2005年8月

大統領選挙実施、ンクルンジザ大統領就任

外務省ホームページ-各国インデックス(ブルンジ共和国)
arsvi.com(日本語報道アーカイブ)
ウィキペディア:ブルンジ共和国

ブルンジ共和国
ブルンジ
ブルンジ共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)

アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解