ジブチ共和国


ジブチジブチ共和国 DJIBOUTI
海上、陸上輸送の中継地

「アフリカの角地域」の一部を形成する小国。アフリカ大地溝帯内に含まれ、海面下174mの湖から2000mの山地まで起伏が激しいが、国土の大半は乾燥した砂漠が占めている。19世紀半ばにフランス領ソマリランドとなり、67年アファル・イッサに改称、77年独立した。

国民はソマリ系のイッサ、エチオピア系のアファルに分かれて、独立以前から対立が続いている。首都のジブチ・シティ(Djibouti city)はエチオピアの輸出入を担い、同国の輸送機関はいくつかのアフリカ内陸国へ物品を再輸出(re-Export)に利用されており、これに関わる通行税(Transit Tax)や港湾利用税(Harbour fees)は、同国の経済を支えている。アフリカ最大のフランス軍基地があり、米軍も利用している。

国土:23,200sq km
人口:486,530人(CIA The World Factbook 2006年)アフリカ第50位(世界第169位)
首都:ジプチ Djibouti (383,000)
最高地点:Mousaalli (2,063m)
公用語:アラビア語、フランス語
主要宗教:イスラム教、キリスト教
通貨:ジブチ・フラン (Djibouti franc)
主な輸出品:皮、家畜、エチオピアから輸送するコーヒー
政体:共和制
元首:イスマイル・オマール・ゲレ大統領
議会:一院制 (国民議会)
一人当たり国民総所得:US1,020ドル (世界銀行2005年)

略史

1862年3月

仏、ジブチ市北方のオボック地方をアファル族より譲り受ける

1885年

仏、イッサ族よりジブチ市近辺を譲り受ける

1896年5月

仏領ソマリランドに名誉総督を派遣

1946年

仏海外領土となる

1967年3月

仏領アファル・イッサと改名

1977年6月

独立、グーレド大統領就任

1991年11月

政府軍と反政府軍FRUDの武力衝突により内戦が勃発

1992年9月

国民投票(新憲法採択)

1992年12月

国民議会選挙

1994年12月

政府とFRUDの間で和平合意に署名

1996年3月

FRUDが政党として正式に公認される

1997年12月

国民議会選挙

1999年4月

大統領選挙 ゲレ候補当選

1999年5月

ゲレ大統領就任

2000年2月

政府と武装FRUDとの間で和平枠組み合意に署名

2001年5月

政府と武装FRUDとの間で最終和平案を合意

2003年1月

総選挙で与党連合が国会の全65議席を獲得

2005年4月

大統領選挙 ゲレ大統領再選


外務省ホームページ-各国インデックス(ジブチ共和国)
ジブチ共和国大使館

ウィキペディア:ジブチ共和国

ジブチ共和国
ジブチ
ジブチ共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)

アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解