ガボン共和国


ガボンガボン共和国 GABON
国土の8割はジャングル

ガボンはアフリカ中部、赤道直下に位置し、ギニア湾に臨む共和国。15世紀末にこの地域に渡来したポルトガル人が、河口にある小高い丘の形状を見て、「ガバオン:フードつきのコート」と呼んだのが国の名前の由来と言われている。南西部は平坦な低地でジャングルにおおわれ、マホガニーや黒檀などの森林資源に富んでいる。
1960年フランスより独立して以来、たった2人の大統領によって政権運営がなされており、現大統領のオマル・ボンゴ(Omar Bongo)は現在アフリカで最も着任期間の長い大統領である。

国土:267,670sq km
人口:1,424,906人(CIA The World Factbook 2006年)アフリカ第45位(世界第153位)
首都:リーブルビル Libreville(362,386)
その他主要都市:Port-Gentil (124,000)
最高地点:Mt Iboundji(1,575m)
公用語/主要言語:フランス語、バンツゥー諸語
主要宗教:キリスト教、伝統宗教、イスラム教
通貨:フラン (Franc CFA)
主な輸出品:オイル、マンガン、材木、ウラニウム
政体:共和制
元首:エル・ハジ・オマール・ボンゴ・オンディンバ大統領
議会:二院制(国民議会、上院)
一人当たり国民総所得:US5,010ドル (世界銀行2005年)

略史

1960.8

独立(旧宗主国・仏)

1961.2

レオン・ムバ初代大統領就任

1964.2

クーデター未遂事件

1967.11

ボンゴ大統領就任

1973.2

ボンゴ大統領再選

1979.12

ボンゴ大統領3選

1986.11

ボンゴ大統領4選(任期7年)

1989.10

クーデター未遂事件

1990.4

国民会議で複数政党制移行決定

1990.9

複数政党制下初の国民議会選挙実施

外務省ホームページ-各国インデックス(ガボン共和国)
ガボン大使館
ウィキペディア:ガボン共和国

ガボン共和国
ガボン
ガボン共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)

アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解