マリ共和国


マリマリ共和国 MALI
数多くの音楽家を輩出してきた文化大国

西アフリカ内陸に位置する共和国。西アフリカを貫通するアフリカ第3の長流ニジェール川の上・中流域。日本の約3.4倍の国土を持ち、北部にはサハラ砂漠が広がっている。大河ニジェールが国土を横断しているため、雨期には巨大な内陸デルタ地帯が形成される。
同国はアフリカ大陸における最も大きな綿花生産国であり、綿花輸出は経済の一つの柱となっている。国内の綿花栽培者の生活を保障する為にも、他のアフリカ綿花生産国とも協力して、綿花生産をしている先進諸国(特にアメリカ合衆国)の自国綿花栽培者優遇政策(主に農民に対する助成金制度)を非難している。

国土:1,240,190sq km
人口:11,716,829人(CIA The World Factbook 2006年)アフリカ第23位(世界第73位)
首都:バマコ Bamako(1,016,167)
その他主要都市:Segou(99,000)Mopti (78,000)
最高地点:Hombori Tondo (1,155m)
公用語/主要言語:フランス語、バンバラ語
主要宗教:イスラム教、伝統的な信仰
通貨:フラン (Franc CFA)
主な輸出品:コットン、家畜、ピーナッツ
政体:共和制
元首:アマドゥ・トゥマニ・トゥーレ大統領
議会:一院制(国民議会)
一人当たり国民総所得: US380ドル (世界銀行2005年)

略史

3〜17世紀にかけてガーナ王国、マリ、ソンガイ帝国として栄える

1920年

フランス植民地

1960年6月

セネガルとともにマリ連邦を結成してフランスより独立

1960年9月 セネガルの連邦離脱を受け、マリ共和国に改称。

1968年

トラオレによる軍事クーデター

1969年

トラオレ軍事政権成立

1979年

トラオレ大統領就任

1991年

クーデターによりトゥーレ暫定政権成立

1992年1月

新憲法成立

1992年4月

大統領選挙、コナレ大統領選出

1997年5月

コナレ大統領再選

2002年5月

大統領選挙、トゥーレ大統領選出

2007.4  トゥーレ大統領再選 

外務省ホームページ-各国インデックス(マリ共和国)
マリ共和国大使館

マリの旅行情報
arsvi.com(日本語報道アーカイブ)

MALITOUR.COM
ウィキペディア:マリ共和国

MALI web

マリ共和国
マリ
マリ共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)

アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解