モーリタニア・イスラム共和国


モーリタニアモーリタニア・イスラム共和国 MAURITANIA
日本が食べ尽くす!?同国産タコ、イカ

アフリカ西部にあり、大西洋に面する共和国。大きな国土を持つ国だが、国土の2/3は砂漠地帯で乾燥気候のもとにある。緑地地帯は、南部のセネガル川流域、内陸部にオアシスが点在する。
現在、同国は沿岸漁業による漁獲が経済の柱をなしている。日本は殊に、同国産の軟体動物(主にタコ、イカ)を輸入している。経済的に発展途上である同国であるが、近年、沿岸部に化石燃料の埋蔵が確認されており、将来的に同国経済に多大な恩恵を与えるであろうと予測されている。

国土:1,030,700sq km
人口:3,177,388人(CIA The World Factbook 2006年)アフリカ第38位(世界第134位)
首都:ヌアクショット Nouakchott(558,195)
最高地点:Kediet Ijill (915m)
公用語/主要言語:アラビア語、 フランス語
主要宗教:イスラム教
通貨:ウーギア (Ouguiya)
主な輸出品:魚類、鉄鉱石、石膏
政体:イスラム共和制
元首:シディ・ウルド・シェイフ・アブダラーヒ大統領
議会:二院制(上院、国民議会)
一人当たり国民総所得:US 560ドル (世界銀行2005年)

略史

15世紀-

アラブ系民族による支配

1902年

フランスによる支配の開始

1904年

フランス領

1945年

フランス連合植民地

1958年

自治宣言

1960年

フランスより独立(ダダ初代大統領)

1975年11月 スペイン領西サハラの占領に参加。

1978年

クーデター、特別軍事政権成立

1979年8月 ポリサリオ戦線と和平協定を締結し西サハラから撤退。

1984年

クーデター、タヤ参謀総長政権掌握

1992年

タヤ大統領選出

1997年

タヤ大統領再選

2003年6月

クーデター未遂事件

2003年11月

タヤ大統領三選

2005年8月

タヤ大統領不在時に軍部が政権掌握

2006年6月 民主的な新憲法を国民投票で承認。
2006年11月 国民議会および地方選挙実施。
2007年1月 上院選挙実施。
2007年3月 大統領選挙でアブダラーヒ大統領選出。民政移管が完了。

外務省ホームページ-各国インデックス(モーリタニア・イスラム共和国)
モーリタニアの旅行情報
ウィキペディア:モーリタニア・イスラム共和国

モーリタニア・イスラム共和国
モーリタニア
モーリタニア・イスラム共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)モーリタニア・イスラム共和国

アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解