ナイジェリア連邦共和国


ナイジェリアナイジェリア連邦共和国 NIGERIA 
“ミニ・アフリカ”と呼ばれる多様な自然をもつ国

西アフリカの東側に位置し、アフリカ最大の人口をもつ連邦共和国。西アフリカでは古い歴史を持つ国で、ノク文明はB.C.5世紀にさかのぼるといわれる。その後も各民族が王国を形成し、現在もその当時のブロンズ像、象牙の仮面など遺品が数多く残っている。
1960年に独立をはたしたが、民族間対立はつづき、67年に石油の支配権をめぐってビアフラ戦争、クーデターが続いた。1999年に達成された政治的発言の自由は、主義・主張の制約を減らしたが、宗教的、民族的背景の異なる軍閥による対立を促進し、それに伴う暴力的抗争を招いた。この抗争による犠牲者は数千人に上ると言われる。アフリカにおける石油産出量はトップクラスである同国は、石油価格高騰の恩恵を受けている。しかし、政治腐敗や政府の管理能力不足により、同国民は貧困や失業といった問題に直面している。

国土:923.770sq km
人口:131,859,731人(CIA The World Factbook 2006年)アフリカ第1位(世界第11位)
首都:アブジャ Abuja (107,069)
その他主要都市:Lagos (5,195,247)、Kano (2,166,554)、 Ibadan (1,835,300)
最高地点:Dimlang (2,042m)
公用語/主要言語:英語、ハウサ語、ヨルバ語、イボ語
主要宗教:イスラム教、キリスト教、伝統宗教
通貨:ナイラ (Naira)
主な輸出品:石油、ココア、パームオイル、ゴム、コットン、ブリキ
政体:連邦共和制(大統領制)
元首:ウマル・ムサ・ヤラドゥア大統領
議会:二院制
一人当たり国民総所得: US 560ドル (世界銀行2005年)

略史

1960年10月

独立

1963年10月

共和制移行

1966〜93年

軍事クーデター(7回)、ビアフラ内戦(67〜70年)、
第二共和政(79〜83年)

1993年11月

アバチャ軍事政権成立

1998年6月

アバチャ元首急死、アブバカール軍事政権成立

1999年5月

オバサンジョ大統領就任

2003年5月

オバサンジョ大統領再選

2007年5月 ヤラドゥア大統領就任

外務省ホームページ-各国インデックス(ナイジェリア連邦共和国)
JETRO
ナイジェリアの旅行情報
arsvi.com(日本語報道アーカイブ)
ウィキペディア:ナイジェリア連邦共和国

ナイジェリア連邦共和国
ナイジェリア
ナイジェリア連邦共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)

アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解