ジンバブエ共和国


ジンバブエジンバブエ共和国 ZIMBABWE
古代遺跡、野生動物、世界最大のヴィクトリア滝

南部アフリカの内陸にある共和国。旧イギリス領南ローデシア。歴史的には、北ローデシア(現ザンビア)と合わせてローデシアと呼ばれた。1980年に長い白人支配を脱して独立した。国名は、グレート・ジンバブエ遺跡にちなんだ、バンツー語「石の家」という意味を持つ。同国はヴィクトリア滝に代表される豊富な自然を擁し、グレート・ジンバブエ遺跡等々、観光資源に恵まれている。しかしながら問題も多く、主要な産業はである農業部門では、未だ白人による農耕地占有が続けられており、多くの黒人系ジンバブエ人は小作農をせざるを得ない。また同国は激しいインフレに見舞われており、度々、食料や燃料の不足にさいなまれる。

国土:390,580sq km
人口:12,236,805人(CIA The World Factbook 2006年) アフリカ第20位(世界第70位)
首都:ハラレ Harare (1,189,103)
その他主要都市:Bulawayo (621,742)
最高地点:Mt Inyangani(2,595m)
公用語:英語、ショナ語、ンデベレ語
主要宗教/主要言語:キリスト教、伝統宗教
通貨:ジンバブエ・ドル (Zimbabwe dollar)
主な輸出品:タバコ、鉄合金、金、ニッケル、コットン、鋼鉄
政体:共和制(複数政党制)
元首:ロバート・ガブリエル・ムガベ大統領
議会:二院制(上院、下院)
一人当たり国民総所得: US 340ドル (世界銀行2005年)

略史


1923年

英国の自治植民地としての南ローデシア成立

1953年

ローデシア・ニアサランド連邦成立

1963年

連邦解体

1965年

白人スミス政権の一方的独立宣言

1968年

国連安保理対ローデシア経済制裁決議採択

1972年

ローデシア解放団体、ゲリラ活動開始

1979年

独立に向けて平和的解決合意

1980年

ジンバブエとして独立、ムガベ首相就任

1987年

ムガベ大統領就任

1990年

ムガベ大統領再選

1996年

ムガベ大統領三選

2002年(3月)

ムガベ大統領四選

外務省ホームページ-各国インデックス(ジンバブエ共和国)
Embassy of the Republic of Zimbabwe
ジンバブエの旅行情報
地球の歩き方
arsvi.com(日本語報道アーカイブ)
ウィキペディア:ジンバブエ共和国

ジンバブエ共和国
ジンバブエ
ジンバブエ共和国: より詳しい地図>>
( 地図 Source: University of Texas Libraries)


アフリカ大陸基本情報・他の国



アフリカ地図 x アフリカ理解