ブルンジ共和国


ブルンジブルンジ共和国 BURUNDI
年平均気温18度という過ごしやすさ

アフリカ中部、タンガニーカ湖北東岸の共和国。国土は北海道の三分の一にすぎないが、人口密度はアフリカではもっとも高い国の一つ。赤道に近い同国ではあるが、国全体が海抜1,000m以上にあり過ごしやすい環境となっている。ルワンダ同様ツチ族系の王国があったが1885年にドイツ領となり、第一次大戦後は、ベルギー信託統治領となった。その後1962年に王国として独立したが、少数派のツチ族(Tutsi)と多数派のフツ族(Hutu)との間で紛争を含む緊張関係が続いてきた。1966年には、クーデターにより共和制が成立したが、民族抗争はさらに激化。74年に新憲法が制定され鎮静化に向かい、2006年9月、政府と反乱軍との間に休戦の同意が持たれている。主要産物はコーヒー。

★ アフリカ教育基本情報

使用言語
公用語 フランス語 キルンジ語
初等教育(小中学校レベル):教授言語 キルンジ語
初等教育(小中学校レベル):教科として教えられている言語 フランス語
中等教育(高校レベル):教授言語
中等教育(高校レベル):教科として教えられている言語 キルンジ語
高等教育(大学レベル):教授言語

義務教育年数 6年 (2009)
識字率(女) 59.9% (2008)
識字率(男) 72.3% (2008)
識字率(全) 65.9% (2008)
公共財政に占める教育支出の割合 23.3% (2009)
小学校入学時の年齢 7才 (2010)
純就学率、小学校(女) 99.6% (2009)
純就学率、小学校(男) 98.2% (2009)
純就学率、小学校(全) 98.9% (2009)
修了率、小学校 21.9% (2006)
教師一人当たりの生徒数、小学校 51人(2009)

                              (項目の解説
                              (データ出所
                              
灰色はデータ未収集

★ アフリカ教育関連リンク情報
諸外国学校情報(外務省)
Contemporary Africa Database(The Africa Centre)
Country Statistics EDUCATION(Nation Master)


★ 教育関係者手記(現場感想・授業メモ)リンク
なし



★ アフリカ大陸基本情報(アフリカ理解プロジェクト)
ブルンジ共和国


アフリカ教育情報・他の国



アフリカ理解プロジェクトトップ