コンゴ民主共和国


コンゴ民主共和国コンゴ民主共和国 Democratic Republic of Congo
稀少な鉱物資源に恵まれた国

中央アフリカに位置し、ザィール川流域にあるアフリカで3番目に大きい国。国土の大半は高原状の盆地で、東部には万年雪をいただくルウェンゾリ山(5909m)、カリシンビ山(4507m)などの高山が連なり、その間にタンガニーカ湖などの湖が点在している。ルウェンゾリ山から流れ出し大西洋に注ぐザィール川は全長4650kmで、ナイルに次ぐアフリカ第2の大河。
ポルトガル人の渡来、コンゴ王国などいくつかの王国があったといわれる。1868年リビングストンやスタンレーによるコンゴ川上流の探検が行われ、これを利用したベルギー国王私有のコンゴ自由国設立、後に国王領は、直轄植民地へ移管された。60年に独立を達成したが、民族対立、資源をめぐる先進国の介入による大規模な動乱など、同国にある多種の鉱物資源、石油等々は同国経済の柱であると同時に、周辺諸国を政治的に巻き込んだ5年間にわたる紛争の火種となった。
国名は、1960年に独立した当時コンゴ共和国と称したが、64年にコンゴ民主共和国となり、コンゴ川をザィール川と改名したことに伴い71年に、ザィール共和国に変更した。現在、再びコンゴ民主共和国という国名が使われている。

★ アフリカ教育基本情報

使用言語
公用語 フランス語
初等教育(小中学校レベル):教授言語 キコンゴ語(小1、小2) Munukutuba (小1、小2) スワヒリ語(小1、小2) リンガラ語(小1、小2、*小3以降も使用する学校もあり。) フランス語(小3から)
初等教育(小中学校レベル):教科として教えられている言語 フランス語
中等教育(高校レベル):教授言語 フランス語
中等教育(高校レベル):教科として教えられている言語 フランス語 英語 Ciluba キコンゴ語 スワヒリ語 リンガラ語
高等教育(大学レベル):教授言語

義務教育年数 6年 (2010)
識字率(女) 56.1% (2008)
識字率(男) 77.5% (2008)
識字率(全) 66.6% (2008)
公共財政に占める教育支出の割合 
小学校入学時の年齢 6才 (2010)
純就学率、小学校(女) 31.5% (1999)
純就学率、小学校(男) 33.3% (1999)
純就学率、小学校(全) 32.4% (1999)
修了率、小学校 32.6% (2007)
教師一人当たりの生徒数、小学校 37人 (2009)

                              (項目の解説
                              (データ出所
                              
灰色はデータ未収集

★ アフリカ教育関連リンク情報
諸外国学校情報(外務省)
日本語教育国別状況(国際協力基金)
Contemporary Africa Database(The Africa Centre)
Country Statistics EDUCATION(Nation Master)


★ 教育関係者手記(現場感想・授業メモ)リンク
なし



★ アフリカ大陸基本情報(アフリカ理解プロジェクト)
コンゴ民主共和国


アフリカ教育情報・他の国



アフリカ理解プロジェクトトップ