マダガスカル共和国


マダガスカルマダガスカル共和国 MADAGASCAR
アジアとアフリカが交錯する地

アフリカ大陸の南東、インド洋西部にある島国。世界4位の大きさで「大きな島」の愛称を持つ。同島は周辺から隔絶されていることもあり、生息する動植物は世界でも同国以外に見られない貴重な存在である。世界銀行によると、人口の約70%は貧困層(一日US1ドル以下の暮らし)と言われている。また、農民が耕地を拡大させる動きは、マダガスカル独自のこれら稀少動植物の生息地である森を減少させている。

★ アフリカ教育基本情報

使用言語
公用語 フランス語  マダガスカル語
初等教育(小中学校レベル):教授言語 マダガスカル語  フランス語
初等教育(小中学校レベル):教科として教えられている言語
中等教育(高校レベル):教授言語 マダガスカル語
中等教育(高校レベル):教科として教えられている言語
高等教育(大学レベル):教授言語 フランス語

義務教育年数 9年 (2009)
識字率(女) 65.3% (2009)
識字率(男) 76.5% (2009)
識字率(全) 70.7% (2009)
公共財政に占める教育支出の割合 23.7% (2008)
小学校入学時の年齢 6才 (2009)
純就学率、小学校(女) 98.9% (2007)
純就学率、小学校(男) 98.1% (2007)
純就学率、小学校(全) 98.5% (2007)
修了率、小学校 49.3% (2009)
教師一人当たりの生徒数、小学校 48人 (2009)

                              (項目の解説
                              (データ出所
                              
灰色はデータ未収集

★ アフリカ教育関連リンク情報
諸外国学校情報(外務省)
日本語教育国別状況(国際協力基金)
Contemporary Africa Database(The Africa Centre)
Country Statistics EDUCATION(Nation Master)
アフリカ・アジア大学間対話プロジェクト(広島大学教育開発国際協力研究センター)


★ 教育関係者手記(現場感想・授業メモ)リンク
なし



★ アフリカ大陸基本情報(アフリカ理解プロジェクト)
マダガスカル共和国


アフリカ教育情報・他の国



アフリカ理解プロジェクトトップ