モーリシャス共和国


モーリシャスモーリシャス共和国 MAURITIUS
インド洋の楽園、マリン・スポーツと緑豊かな島

マダガスカル島の東方約800km、インド洋にある島国。同国は古くからインド洋航海の中継地として、アラブ人やマレー人の船乗りに知られていた。開発途上国の中でも、最も民主的な政治システムを持ち、法整備も進んでいる国として言及される。アフリカ、アジア、ヨーロッパ等、数多くの文化が交差し、文化的裾野の広い同国ではあるが、人口の約3割を構成する混血の人々(クレオール)や黒人奴隷の子孫達は差別的待遇によって貧困層に属しており、不満を募らせている。

★ アフリカ教育基本情報

使用言語 アラビア語、フランス語
公用語 英語
初等教育(小中学校レベル):教授言語
初等教育(小中学校レベル):教科として教えられている言語 Bhojpuri  ヒンディ語
中等教育(高校レベル):教授言語
中等教育(高校レベル):教科として教えられている言語
高等教育(大学レベル):教授言語


義務教育年数 12年 (2009)
識字率(女) 84.8% (2008)
識字率(男) 90.4% (2008)
識字率(全) 87.5% (2008)
公共財政に占める教育支出の割合 13.3% (2007)
小学校入学時の年齢 5才 (2010)
純就学率、小学校(女) 94.6% (2009)
純就学率、小学校(男) 93.4% (2009)
純就学率、小学校(全) 94.0% (2009)
修了率、小学校 76.4% (2009)
教師一人当たりの生徒数、小学校 22人 (2009)

                              (項目の解説
                              (データ出所
                              
灰色はデータ未収集

★ アフリカ教育関連リンク情報
Contemporary Africa Database(The Africa Centre)
Country Statistics EDUCATION(Nation Master)


★ 教育関係者手記(現場感想・授業メモ)リンク
なし



★ アフリカ大陸基本情報(アフリカ理解プロジェクト)
モーリシャス共和国


アフリカ教育情報・他の国



アフリカ理解プロジェクトトップ