シエラレオネ共和国


シエラレオネシエラレオネ共和国 SIERRA LEONE
”Blood Diamond“ 〈血塗られたダイアモンド〉

西アフリカ南西部の共和国。国名はこの地を訪れたポルトガル人が、首都の背後の山で鳴る雷の音を聞いて、ライオン山地と名づけたことに由来するといわれている。2002年、同国は旧宗主国であるイギリスと大規模な国連平和維持軍の協力によって、内戦状態から脱却した。この内戦時において、同国で採掘されるダイアモンドの輸出は資金面で内戦を助長した。内戦後の現在は、このダイアモンドとルチル(金紅石)に代表される貴重な鉱物資源の輸出が同国経済再建の翼を担う。

★ アフリカ教育基本情報

使用言語
公用語:英語
初等教育(小中学校レベル):教授言語
初等教育(小中学校レベル):教科として教えられている言語
中等教育(高校レベル):教授言語
中等教育(高校レベル):教科として教えられている言語
高等教育(大学レベル):教授言語

義務教育年数 6年 (2008)
識字率(女) 28.9% (2008)
識字率(男) 51.7% (2008)
識字率(全) 39.8% (2008)
公共財政に占める教育支出の割合 20.3% (2009) 
小学校入学時の年齢 6才 (2010)
純就学率、小学校(女) 37% (1999)
純就学率、小学校(男) 50% (1999)
純就学率、小学校(全) 43% (1999)
修了率、小学校 
教師一人当たりの生徒数、小学校 44人 (2007)

                              (項目の解説
                              (データ出所
                              
灰色はデータ未収集

★ アフリカ教育関連リンク情報
Contemporary Africa Database(The Africa Centre)
Country Statistics EDUCATION(Nation Master)


★ 教育関係者手記(現場感想・授業メモ)リンク
なし



★ アフリカ大陸基本情報(アフリカ理解プロジェクト)
シエラレオーネ共和国


アフリカ教育情報・他の国



アフリカ理解プロジェクトトップ