ウガンダ共和国


ウガンダウガンダ共和国 UGANDA
マウンテンゴリラに出会える国

東アフリカの赤道直下にある内陸国で、英連邦に属する。1962年に独立。中央部に大湖を持ち、国土の美しさから、英国の首相チャーチルは「アフリカの真珠」と評した。
1998年から2003年にかけてのコンゴ民主共和国の内戦に、軍隊を派遣するなど積極的に関与し、未だ鉱物資源が豊富なコンゴ民主共和国東部地域を影響下に置いていることに対して非難されている。自国内でもLord’s Resistance Army(LRA)による19年にわたる内戦が続き、同国民の犠牲は数万に上り、約160万人が国を追われた。

★ アフリカ教育基本情報

使用言語
公用語 英語
初等教育(小中学校レベル):教授言語 Ateso、Luganda、Lugbara、Luo、Runyankore、Rutoro"
初等教育(小中学校レベル):教科として教えられている言語 英語、スワヒリ語
中等教育(高校レベル):教授言語
中等教育(高校レベル):教科として教えられている言語 スワヒリ語、Luganda、英語
高等教育(大学レベル):教授言語

義務教育年数 7年 (2009)
識字率(全) 66.8% (2008)
識字率(男) 82.4% (2008)
識字率(女) 74.6% (2008)
公共財政に占める教育支出の割合 28.5% (2009)
小学校入学時の年齢  6才 (2010)
純就学率、小学校(女) 99.3% (2009)
純就学率、小学校(男)96.4% (2009)
純就学率、小学校(全) 97.9% (2009)
修了率、小学校 44.1% (2008)
教師一人当たりの生徒数、小学校 49人 (2009)

                              (項目の解説
                              (データ出所
                              
灰色はデータ未収集

★ アフリカ教育関連リンク情報
諸外国学校情報(外務省)
日本語教育国別状況(国際協力基金)
Contemporary Africa Database(The Africa Centre)
Country Statistics EDUCATION(Nation Master)
アフリカ・アジア大学間対話プロジェクト(広島大学教育開発国際協力研究センター)


★ 教育関係者手記(現場感想・授業メモ)リンク
「国際協力イニシアティブ」ライブラリ(筑波大学教育開発国際協力研究センター)



★ アフリカ大陸基本情報(アフリカ理解プロジェクト)
ウガンダ共和国


アフリカ教育情報・他の国



アフリカ理解プロジェクトトップ